治験モニター

治験のモニターバイトについて
治験モニターバイトのメリットとデメリット
治験モニター比較

治験のモニターバイトについて


治験とは新薬などを作って、一般に出る前に人の体で調査する段階です。
新薬等の研究開発費などは数千億とも言われるほどかかるものです。
厚生労働省から許可され一般に使われるまでにはやはりしっかりとして試験が必要なわけです。
そのためには人間での調査が不可欠です。
新薬等ができるまでは相当なお金がかかっていますし、人の体を利用して調査するわけですから報酬もかなり高いものが多いです。
ですから治験のモニターのバイトはとても人気になっていますね。
やはり、報酬が高額というのが一番の理由ではないでしょうか。
そして、特にしんどいということがないものが多いというのも理由にあると思います。

安全性が心配

当然、安全や効果が確認され、一般に使用するための試験ですから、ちょっと心配というのがあると思います。
たとえば薬などでいえば、本当に新薬の試験というのは稀で、実際に外国で市販されていて日本で販売するための薬の試験というものが多いようです。
ですから外国の人は普通に使っているものを日本で販売するのに許可をもらうための試験ということなんです。
もちろん新薬のものもあると思います。
これはそれだけリスクも高くなる可能性もありますし、報酬も高くなる可能性がありますね。
新薬などのモニターアルバイトに使用される新薬にも厳しい安全基準を定められています。
ここに役立つ書き込みがあったので貼っておきます。

アルバイトの内容

アルバイトの内容はそのモニターの種類にもよるとは思いますが、検査の時間など一部の時間以外は自由というものも多いです。
逆に暇になる可能性があるくらいではないでしょうか。
それで日給2万やそれ以上、1週間で十数万、数週間で数十万などという報酬がもらえるわけですからこれは人気になりますね。

治験モニターバイトのメリットとデメリット


治験モニターバイトのメリットとデメリットについてご説明します。 
まずはじめに治験モニターバイトのメリットについてですが、メリットは何と言っても短期間で大金を稼ぐことが出来るという点にあります。
基本的にそのような治験関係のサイトにアクセスして、会員登録をするとボランティアと言う内容で治験についての募集内容が送られてくるのですが、大抵が「協力費」という謳い文句で数万円から十万円以上ものお金を貰えるようになっています。
日給に換算すると1万円以上の高額募集もありますので、お金が欲しいという方はそこで稼ぐことが可能です。 
そして、デメリットについてですがそれは治験に参加するための検査があるということと、副作用が起きてしまう事があるということです。
治験は健康な方や、特定の疾患をもった方でなければ出来ませんので、それをクリアしないと受けられません。
また、治験の結果副作用が起きて健康を害してしまう危険もあります。 
以上が治験モニターバイトのメリットとデメリットになります。
よく判断してこれらの募集に応募するようにしていきましょう。

治験モニター比較

ニューイング


ニューイングは臨床試験・治験のボランティア参加関連業務のパイオニアで15年の実績があります。
治験を利用してみたいと思ってもやはり実績や安心して利用できるところでないと利用しようとはおもいませんよね。

 

ニューイングは特定非営利活動法人(NPO法人)で15年の実績があるというのは安心できる情報ではないでしょうか。
あとはニューイングボランティア会員数が2015年10月31日時点で67,789名ということです。

 

対象も学生、フリーター大歓迎から高齢者の方まで幅広く、様々な疾患を持っている方はチェックしてみてはどうでしょうか。

 

公式サイトはこちら⇒ニューイング

新薬ネット


新薬ネットは新薬モニターアルバイト情報サイトです。
様々なメディアで紹介され知名度がありますね。
様々な治験の情報が掲載されています。
ですから利用したいところなのですが、会員専用ページのご利用料金は1年間で2,980円かかってしまうんです。
積極的に参加するのであればよいのですがとりあえず登録ということであれば考えるところですね。

 

公式サイトはこちら⇒新薬ネット

JCVN治験ボランティア


JCVN治験ボランティアは株式会社パシフィックグローブが運営しています。
株式会社パシフィックグローブは平成10年創業の会社です。

 

対象者も幅広いです。
どういった内容の治験を行っているのかは登録してみないとわからないようです。

 

公式サイトはこちら⇒JCVN治験ボランティア

治験モニターバイト口コミ体験談

治験モニターバイトの体験談

これはわたしの、治験モニターバイトをした際の体験談です。
わたしが参加した治験は、喘息の人が対象でした。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)に使用していた薬が、喘息にも効果があるのかどうかを確かめるという内容です。
月1回治験をしているクリニックに通い、薬を使ってみて喘息の症状がどのようになっているかを検査します。
また、日々ピークフローを計って記録しておいて、それを報告します。
そんなに沢山の謝礼が出るわけではありませんが、少しでも医療の発達に貢献できたらと思います。

役に立てる治験モニターバイト

治験モニターバイトは、健康を真剣に考えている機関で実施されているもので、皆の健康を支えているものです。
サンプルデータを取る目的もあるため、実際に経験した身としては、充実したときを過ごすことができました。
また、他の人が述べている体験談を参考にして自分にできるかどうかを見極めていくようにすることも大事なポイントになっていくと思われます。
血圧や脈など簡単なデータのみを提出していくものも中にはあるのです。